トップページ >01blog> 夫が選んでくれたノースリーブのワンピース

夫が選んでくれたノースリーブのワンピース

私が持っているノースリーブのワンピースは、スタジオクリップのもの、色は赤で無地です。
もともと赤は好きな色ですが、年齢的にどうなのかと思い、本当はグリーンにするつもりでした。
一緒にいた夫に「グリーン似合う?」と合わせて見せたところ、グリーンよりも赤が似合うと言われました。
ワンピなので面積が広いのですが、羽織物などで誤魔化すことにして、夫のアドバイスに従い、赤に決めました^^v。

私のタンスに入っているノースリーブは、そのワンピース1枚です。
インナーに長袖や半袖、上に羽織も重ねられるし、プルオーバーを重ねれば、
ワンピースでなく普通のスカートのようにも着られます。
ノースリーブのワンピースは、とても便利なアイテムだとは思うのですが、
なかなかシルエットや素材、色、柄など、コレ!と思うものにめぐり合うことができませんT T。
色や柄、丈など、色々と揃えて、ノースリーブのワンピースが私の定番スタイルとして定着させたいと、
いろいろなショップをチェックはしているのですが、なかなか難しいですね;;。

購入したのは、隣の町にある大きなイオンモールです。
私の住む町にもショッピングモールはあるのですが、当時はスタジオクリップは入っていませんでした。
今では近くのショッピングモールにも出店したのですが、当時はスタジオクリップの洋服は、隣町まで行かなくては買えない、出不精の私にとっては、少々手の届きにくい存在でした。
たまたま買い物に出かけた日が、セール中だったこともあり、若い子達が群がるショップに突入してゲットしました^o^/。

肌が弱いため、直接肌に触れるものは天然素材のものを選ぶようにしています。
ノースリーブのワンピースは、インナーを付けても胸元や脇の下など、直接触れてしまいます。


私は敏感肌なので脇が黒くなりやすいのです。

かつては、この方法をやっていました。⇒脇 黒ずみ クリーム

それで話は戻りますが、木綿、または綿と麻の混紡が第一希望ではあったのですが、
購入したのは夏の終わりとはいえ、まだまだ暑く、涼し気な麻100%に惹かれてしまいました。
涼し気な分、少々透け感はありますが、ダークな色味なのでそれほど気になりません。
ノースリーブのワンピースを選ぶ際の肝は、腕の部分の開きだと思います。
あまり狭いと、一枚で着ることしかできませんが、
ある程度余裕があれば、シャツやカットソーも重ねられ、着る時期も増えてきます。
ストンとしたシルエットは、そのままでももちろん、
手持ちのベルトを使って、ウェストマークも可能、コーディネートの幅が広がります。
また、年齢的にあまり短い丈はNG、ベルトでブラウジングしても、十分な長さになるのが嬉しかったです。

出不精なうえに、車の運転が苦手な私、隣町まで出かけるときには、いつも夫に運転手を頼んでいます。
もちろん、そのときもいつもと同様、夫と出かけました。
私に限らず、女性の買い物は長く、付き合う男性は大変だと思います。
夫も、もちろん喜んで付き合ってくれるわけではありませんが、
私が「洋服を買いたい」と言いだすことは滅多にないため、渋々付き合ってくれました。
私が一人で選んで購入するものは、夫の好みには合わないらしく、
「ダサい、ヘン」と言いたい放題にけなされてしまいます。
私自身も、センスが良くないことは自覚しているので、夫のアドバイスは助かります。

定価は8000円程度だったと思いますが、セール価格でおよそ5000円でした。
ノースリーブ1枚では、少々腕の太さが気になるお年頃、
出かけるときには、やはり上に軽いカーディガンを重ねています。
同じカーディガンを重ねても、ベルトをするのとしないのとでは印象が変わり、
お得な買い物だったと思います。

このワンピースを着て、夫と一緒に美術館などにも行きました。
今では私のお気に入りの一枚となっています。

Page Top ▲